医療

抗がん剤の副作用

投稿日:

はじめに

抗がん剤の副作用
・学生の試験でたまに出る
・全てを覚えるのは難しいので、取り合えず教科書の赤字をまとめました。

覚える時の原則
・まずは理解
・理解が難しそうならゴロ合わせ

抗がん剤について簡単に

抗がん剤は大きく
・細胞障害性抗がん剤
・分子標的薬

そもそも腫瘍とは?

遺伝子の病気
細胞の増殖に関わる遺伝子が変異して、絶えず増殖シグナルが出るようになり、無秩序に分裂を繰り返すようになった状態

詳しく知りたい方は、以下のページへ
http://123-philosophy.com/2020/12/06/癌とは何か?/

腫瘍の特徴が増殖することだからこそ
抗がん剤のうちの細胞障害性抗がん剤は、腫瘍細胞の増殖を止める。
問題点は、正常の細胞の増殖も止めてしまう事。その他、正常の細胞に悪影響を及ぼすことがあり、副作用として現れる。

分子標的薬は、その腫瘍が増えるシステムに特徴的な分子をターゲットにした薬

特徴的な分子を狙っているからこそ、多くの正常の細胞への影響が少ない。
一部、同じシステムを持つ正常細胞には影響が出る。

具体的な抗がん剤と副作用

細胞障害性抗がん剤

共通の副作用
 骨髄抑制

代謝拮抗薬
メトトレキサート
 間質性肺炎
 腎障害

白金製剤
 神経+腎
シスプラチン
 中枢N→悪心・嘔吐
 末梢N→難聴・耳鳴り、末梢神経障害
 腎障害

アルキル化剤
 シクロホスファミド
 イホスファミド
  →ホスファミド
  「ホ」→膀胱
  「ス」→出血性
  出血性膀胱炎

アントラサイクリン系
 ドキソルビシン
  シン→心筋障害、心毒性
  試験対策的には「ビシン」(ブレオマイシンなどは心毒性ない)
  起壊死性物質→血管外漏出に最も注意が必要

トポイソメラーゼ阻害薬
 イリノテカン
  →下痢のてかん

微小管阻害薬
 末梢神経障害(神経の軸索は微小管で出来ているから)
 起壊死性物質→血管外漏出に最も注意が必要
タキサン系
 パクリタキセル
 ドセタキセル
ビンカアルカロイド系
 ビンクリスチン
 ビンブラスチン
  ビン→微小管
  ビン→便→便秘・イレウス
  真面目に、自律神経障害による便秘とイレウス

分子標的薬

  • 皮膚障害
  • 間質性肺炎

ib→小分子薬 イマチニブ

ab→抗体薬 トラスツズマブ、ニボルマブ
インヒュージョンリアクション
 発症の機序は明らかでないが、サイトカイン放出が関連
 Ⅰ型アレルギー反応とは異なる
 抗ヒスタミン薬やステロイドの前投与で予防

HER2
 トラスツズマブ
 心毒性

血管外漏出

起壊死性に特に注意(ググって表見つける)
起壊死性=周囲の組織を壊死させやすい性質

起壊死性物質の代表例

  • アルキル化薬
  • 「シン」がつくもの
  • 微小管阻害薬(タキサン系、ビンカアルカロイド系)

-医療,

Copyright© ひふみの学び , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.